皆さんこんばんは〜お疲れ様でした。

 

スクロールの応用編 オフセットのアウトラインのデザイン

二重巻きのスクロールの皆さんは綺麗なS字のアウトラインに気を付けてくださいね。

 

オフセットパターンですね。

このパターンは僕も良く使うのですが、品物合わせてデザインした場合グラウンド部分か広く

なってしまう場合、葉をつけ足しても良いのですが、オフセットパターンを利用して美しくグラウンドを

埋めることができます。また、奥行き感を表現できますので覚えておきましょう!。

 

オフセットパターン参考例

 

実技講習 基礎編

まっすぐ彫る、だんだん深く彫る、徐々に浅く彫る、ができるようになったら彫刻台を回しながら丸を

彫っていきます。

レコードみたくきれいに彫れていますね〜難易度を上げていきましょう!

 

微細彫り特訓の生徒さん

とにかく小さい円を彫ったらそこに影線を彫っていく難易度の高い練習

マスターまでもう少し!頑張ってみましょう!

 

毎日寒くなりましたね、インフルエンザ、風邪などひかないように気を付けてくださいね。。。。

 

皆さん本日も晩くまでお疲れ様でした〜。

課題を頑張ってる方もおつかれさまです。

 

本日はスクロールの応用の二重巻きの講習などいたしました。

ひと巻きのスクロールを完全にマスターしたら応用編などにもチャレンジして洋柄に自信をつけて

いきましょう。

 

二重巻きのスクロールの場合スタート地点に沢山の葉の根本が集中してきますので、切り返しなど応用して

キレイにまとめて、優美に広がっていくイメージで描いてみましょう。

また、葉の長さが長くなりますのでバランスなど気を付けてくださいね。

 

皆さん こんばんは〜本日も晩くまでお疲れ様でした。。。

 

スクロールの講習編  

 

生徒さんご紹介

 

洋柄のスクロールは簡略化したものから本格的な微細彫りを前提にしたものまで

幅が広いのですが微細彫りを前提としたスクロールとなりますと、描くのもなかなか難しいんですね。

 

秋葉ちゃんのスクロール

初回作品がこちら

 

 

講習4回目がこちら

とても上手になりましたね、本日はダブルスクロールの講習をいたしました。採点A+

 

こちらは、野口さんの初回作品

 

講習4回目の作品がこちらです。とてもキレイに細部までかけていますね。採点A+

本日は難関のダブルスクロールの講習をさせていただきました。

 

 

引き続き頑張っていきましょう!!!

 

皆さんこんにちは〜お疲れ様です。

 

☆☆今週もよろしくお願いいたします☆☆

 

前回の下絵をもとに彫金を施していきます。

 

バックルサイズは幅17ミリ×縦27ミリ、肉厚はお0.5ミリ、材質はステンレス鋼です。

 

バックルに、け描きますが、この場合一般的な縮尺法が良いとおもいます。

 

下絵、バックルに縦横に線を引いて書き写していきます。

 

枠を取り 柄を浮き彫りにした段階がこちら

 

 

スカルの真っ黒に見える目や鼻もハッチング法でグラデーションを付けて掘り進めます。

 

 

仕上がったのがこちらにまります。

 

つづく

 

 

 

皆さんこんばんは〜本日も晩くまでお疲れ様でした〜。

一週間ありがとうございました。明日は定休日になります。

今週最後はデザインについて。。。。

 

デザインと構図そして下絵についてですね。

下絵はできるだけ大きく等倍率で正確に書いておきましょう。

大きく書く理由は影線も正確に書き込むことができますし、

陰のグラデーションをどのように入れるかなど完成イメージを確認しておくことが大切なんですね。

 

モチーフ(スカル、クロス、♡、☆、動物)などございますよね、

この場合、モチーフが主役なのかスクロールが主役なのか、を決めてデザインすると良いと思います。

スクロール自体が存在感がありますので、そのあたりを考えてデザインしてみましょう。

 

☆今回はモチーフがある場合は主役を強調する☆

 

寒くなってきましたので風邪などひかないように気をつけてくださいね、それでは水曜日からよろしくお願いします。

 

参考写真は腕統計のバックルのデザインになります。

 

 

 

☆☆☆皆さんこんにちは〜☆☆☆お疲れ様です。

 

いよいよ12月になりましたね〜12月もよろしくお願いします。

 

先日、生徒さんの中に時計彫金を目標にされてる生徒さんがいますので

 

機会があったら時計彫金などについてご説明しますと書いた記憶があります。

 

真一先生のお仕事になりますが、時計彫金の新作に着手したところですので、

 

時計彫金について、少しふれておきたいと思います。

 

時計のバックル部分にはスカルをモチーフにしたデザイン彫金なども施しますので、

 

ご興味のかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

手掛けさせていただく時計は、こちらのスイス製の時計になります。

 

彫金のお仕事でも時計彫金「ウォッチエングレービング」は彫金の中でも別格と言われていますね、

 

理由につきましては、スイス製のステンレス鋼は非常に硬いんですね、一般的に硬いと言われているサージカルステンレスがあり

 

ますよね(医療器具 メス)などに使われているステンレスですが、スイス鋼は比べものにならないほど硬いんですね。

 

とはいってもナイフのブレードほど硬くありませんので練習をすれば彫れるようになります。

 

また、各パーツは、ほぼ円面になっていますし、狭い部分では2ミリ幅ほどですので、、、、、、、、。

 

というわけで、1非常に硬い 2円面で彫りづらい 3狭い部分がある などの理由から別格と言われていると思います。

 

平らな面に1センチ角の枠の中に優美なスクロールを微細彫りで描き彫るだけで一般的に難しいとされてますので、時計に

 

優美な微細彫りでスクロールを描き彫るということは少し難易度が高いんですね。

 

作業が進んだところでまたご紹介させていただけたらと思います。

 

それでは、引き続き頑張っていきましょう! お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

技術講習中級 8mm幅バングル彫金編

 

皆さんこんにちは〜お疲れ様です。一週間よろしくお願いします☆

 

バングル彫金ですね、バングルにかっこいい彫金をして身に着けたいという方多いですね。

また、シルバー作家の方が彫金を習得して、新たな武器として作品に取り入れたいという方もいらっしゃいます。

 

参考写真がこちらですね。

 

バングルの8mm幅クラスになりますと、鉛筆で柄を描くという事ができません。

(鉛筆でも線が太い)

したがって、下絵をけがくという技術が必要になります。

講習ではスクロール柄、文字のケガキ方を講習しておりますのでマスターしていきましょう。

現在では転写という方法もありますが、小さい物、曲面品など(時計、リングなど)転写のできないものも多いので、転写に頼らず

自分でけがいて描く技術を習得しておきましょう。

 

こだわりの8mmバングル制作

ご興味の方も多いと思いますので制作過程をご紹介します。

こちらは、バングルに二重枠でラインを付けて文字を浮き彫りにしたところですね。

二重枠にすることで最終的に柄を強調するテクニックの一つですが、正確に0.3mmのピッチで平行に並べて二本線を彫るのは少し練習が必要ですね。

 

つづいてスクロールを浮き彫りにしていきます。

 

黒染めをして完成したのがこちらになります。

 

 

 

 

こんにちは〜皆さん一週間お疲れ様でした〜明日は定休日になります。

 

生徒さんにクイーンの映画を見るように勧められてるんですけどね、、、、

 

「先生ロック好きでしょ?」とか言われていまして。そうですねロックは好きですね。

 

やっぱり映画はスクリーンで見た方が良いですよね〜わかってはいるのですが、、、、なかなか出不精でして。

 

今年もあと、ひと月ほどになりましたね、地道に頑張っていきましょう。

 

寒くなってきましたので、風邪などひかないよう気を付けてくださいね。

 

それでは明日は休校日になりますので水曜日からよろしくお願いします。

 

お疲れ様でした。

 

切り返しを使ったスクロールの例

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは、生徒の皆さん本日も晩くまでお疲れ様でした。

 

スクロールの課題に取り組んでる皆さんもお疲れ様です。

 

いつも熱心に講習をうけていただき、そして毎回少しずつ上達していく生徒の

皆さんを見ていると大変嬉しく思っています。

 

最近、時計彫金をマスターしたいという志願の現在シルバー作家の生徒さんがいらっしゃいまして、

時計に彫金してほしいというご依頼は沢山あるのですが、彫金をマスターしたいという生徒さんは初めて

ですね、応援しておりますので是非頑張ってマスターしてほしいと願っております。

 

機会がありましたらこちらのブログでも時計彫金について書きたいとおもいます。

偉大な彫刻家の言葉に「最大の失敗とは目標が高すぎて目標に到達できないことではなく、目標が低くく

、そして、それを達成してしまうこと」なかなか良い言葉ですよね。

理想は高く持って頑張っていきましょう!

 

 

時計彫金です

 

 

 

 

さて、 スクロールの切り返しを使って書いてみましょう!の件

いくつかのパターンを描いてみようとおもいますのでちょっとおまちください。

つづく。

 

 

学科編 スクロール基礎講習 最終課題 連続パターンを描いてみよう!

 

皆さん☆こんにちは〜お疲れ様です☆

教室での講習内容の復習になります。

 

スクロールの基礎講習の最終課題になりますね。

これまで、基礎講習では正確なアウトライン、スクロールの始まりと終わり方、葉の形状パターンとバランス取り方、切り返しの理論、影線の付け方を講習しました。

最終課題ですね今までの講習内容を考えながらスクロールをつなげて連続パターンにするということになります、

ついに洋柄スクロールパターンになる感動的瞬間ですね。

 

一通り理論と書き方を学んだところで、いよいよ品物の形や大きさに合わせた

デザイン、構図、バランスの取り方、枠の抜き方と理論、スクロールの応用、という講習になります。

 

基本の連続パターンも葉のバリエーションなどを変えたりアレンジしながら何度か練習しておいてくださいね。