皆さんこんにちは〜(^o^)ノ !

本日も晩くまでおつかれさまでした。

 

最近は新入生が続々とリトルムーン東京に仲間入りして盛り上がっていますが

是非しっかりマスターしてマスターエングレーバーとして活躍していってほしいですね!

 

さて

 

スクロールを一通り覚えたら、彫る対象に合わせてどのような洋柄を

デザインするかというところがテーマになりますね。

座学ではしっかり理論をわかりやすく講習してますが、

ココでは真一先生の複雑なスクロールの構成と書き方を見てみましょう!

 

こちらの作品は展示会2020リトルムーン東京コレクションに向けて

製作する作品になります。一品物で制作いたしますのでご購入希望の方がいらっしゃいましたら

お気軽にお問合せください。

 

講師を代表して制作を担当させていただきますので模範となるような手の込んだ傑作に仕上げたいと

思っております!

 

彫る品物はホールディングナイフになります。

材質はステンレスですね

皆さんだったらどのようにデザインしますか?

一緒に考えてみよう!

 

つづく

 

 

アウトサイダー辻ちゃん

 

面白い生徒さんなんですけどね、話をしているとおかしな方向に

展開するので、いつも気を付けているんですけどね。

骨のある人なので次回のスクロールに期待しておきます。

 

辻ちゃんに頂いた時計パーツ

17世紀の時計のパーツだそうです。

昔の職人さん技術ってすごいね〜感心しちゃった。

貴重なパーツありがとう。

ご興味のある人は教室に展示しているので見てみてネ

 

17世紀の時計パーツの洋彫りと透かし彫りの技術

 

明日はお休みになりますので水曜日からよろしくお願いいたします。

一週間お疲れ様でした。

 

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 明けましておめでとうございます。
    トミタ
  • 明けましておめでとうございます。
    タキガワ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM