JUGEMテーマ:彫金

 

皆さんこんにちは〜(^o^)ノ !

本日も晩くまでお疲れ様でしたね。

今日は特に暑かったですからね〜。

 

真一先生です。

 

今日は群馬県より通っている赤さん

スーパーエングレーバーコース 腕時計彫金をめざして通っていただいてます。

さすがに良い時計してますね〜数か月後にはこちらのロレックスに彫金するそうです。

 

腕時計は彫る技術力、デザイン力そして忍耐力、が必要になりますが

是非頑張ってマスターしてもらいたいと思います。

 

真一先生の最新作がこちら〜

 

 

今日のスクロールの座学講習はスクロールの二重巻きの理論を徹底講習

ハイレベルな講習になります。

難易度があがりますが綺麗に描けるようになるとスクロールのバリエーションが一気に広がりますので

諦めないでしっかりマスターしておきましょう!!

 

 

7、8月のテーマはRocksということでドッグタグの彫金の課題にきまりましたので

楽しみにしていてくださいね〜。

それでは、またあしたー!

 

Jetから個人的に思い出のある大好きな曲💛何年経ってもいい曲です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒の皆さんこんばんは〜お疲れ様です。

 

生徒さんにスニーカーの修理のやり方を教えていただきまして本日修理を

したのですが、肝心の工程写真を撮り忘れてしまいまして残念ながらお伝えできません。

残念

ですがばっちり直りました〜気に入っていたスニーカーでもう売っていないモデル

だったのでとっても嬉しいです。ありがとうございました。

 

今日は定休日だったのですが、スニーカーを修理したり、腕時計のデザインなどをしておりました。

皆さんは課題進んでいますか〜頑張ってる皆さんに

大好きなこの写真をお贈りします♡

 

あ〜マウスはしんいち先生かもしれませんね。

 

ん〜〜ぼくも諦めない!

さて、問題のスカルをモチーフにしたスクロールのデザインがこちら

バックルのデザインも拘っていきたいと思います。

 

つづく〜(^o^)ノ また明日!

 

生徒の皆さん。

 

こんにちは〜。

 

お疲れ様です。

 

本日は長野県からお越しの宝石石埋め職人さんの清さんにきていただきました。

新幹線、、、ぼく乗ったことがないので乗ってみたいですね。

ご遠方からお越しいただき大変おつかれさまでした。

リトルムーン東京の生徒さんは遠方の方が意外におおいんですよ〜ふしぎ。

群馬、愛知、京都など今月は大分から見えられるそうです。

 

本日は2回目ということでスクロール理論のつづきですね〜

彫る技術は抜群の才能がありますのでスクロールを一歩一歩マスターして自信を付けて

頑張っていきましょう。

 

♡洋彫り豆知識♡

洋柄のスクロール画は、たかが葉っぱと思っている方もいるかもしれませんが、

大間違い。

西洋では立派な芸術作品なんですよ〜なので彫金工房でも分業制でスクロールのデザインだけをされている

方も多いんです。

なので、、、理論を学んでしっかり練習しないと美しいスクロールはなかなか描けないんですね。

描けなければ彫ることはできませんのでスクロールの勉強ってとっても大事なんです。

と聞くと、なんだか難しそうで嫌になりそうですが、基本から学ぶと意外に描けるようになりますので

皆さん描くのが楽しいと言っていただいてます。

 

よく、洋柄風、スクロール風的なあいまいな見よう見まねで彫ったデザインなど見かけますが、

正しいスクロール、洋彫りとはデザインもクオリティーも大きな違いがあります。

彫金は彫ったら修正もやり直しもできませんので、リトルムーン東京的には

どこで見せても恥ずかしくないスクロールを講習させていただくように心がけています。

 

 

 

 

 

先日の講習 。彫金は不可能と言われているステンレス鋼のナイフのブレード

難なく彫れるほどの超鏡面仕上げのタガネということです。

 

 

 

それでは4月もよろしくお願いいたします。

 

生徒の皆さんこんばんは〜。

 

本日も晩くまで大変おつかれさまでした〜。

 

今朝ランニングをしていたら目黒川沿いの桜が咲いてました〜いよいよ春ですね〜。

 

余談ですがランニングのコースにTOCのイベントホールがあるのですが、ローリングストーンズ

 

の巨大なポスターが張ってありましたが、あれは〜ローリングストーンズのイベントでしょうか?。

 

昔、新宿にローリングストーンっていうクラブがありまして良く行きましたね〜懐かしいですね〜。

 

さて、3月はリング彫金 いろいろかっこ良いリングを作っていきたいと思います。

 

こちらは枠を金で象嵌を施して洋柄を彫金していきます。

 

スクロールのリングやドックタグなど左右対称の構図もいろいろバランスに気を付けて書いてみましょう!

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒の皆さんお疲れ様です!

 

ここのところ天気が良くて気持ちいいですね、毎日早朝、目黒川沿いをランニングしているのですが、

 

もうすぐ桜も咲きそうですね〜きっと今年も綺麗な景色が見れるんでしょうね。

 

さて、スクロール編 彫る技術より洋柄をデザインして描く方が難しいと言われている

 

洋柄のスクロールパターンですね。

 

彫る技術は目で見て真剣に練習を重ねると、みるみる上達しますが、彫れるだけでは、彫金師あるいは

 

エングレーバーとは言えません。

 

彫る対象に合わせてイマジネーションを働かせてデザインをしてそのイメージを完璧に彫れるというところに洋彫りの最大の

 

魅力があり、それが作風であったり、作家、アーティスト、彫金師といった人たちの世界があるのではないでしょうか。

 

デザインは自由そして無限ですからね。

 

「スクロールは基礎が一番大事」

教室では、基礎、ダブルスクロール 二重巻き、応用と順番に難易度を上げて講習課題をしておりますが

地道に完璧にマスターしていくことが一番近道ですので、一緒に頑張っていきましょう。

 

応用編に取り組んでいただいてる皆さんに、参考デザインをちょっと描いてみましたよ♡。

切り返しとどのように、つなげているかなど参考にしていただければと思います。